家事で一日が潰れてしまう非生産的な日でした

主婦に家事はつきものですよね。でも、日本人女性が家庭で担う家事の割合は欧米諸国など他の先進国と比較してもかなり大きいのが現実です。そんな国に住んでいる自分がたまにすごく嫌になります。こんな環境にいると不公平感を感じずに生活するのはまず無理でしょう。何かのドラマで以前ありましたが、男女が入れ替わってお互いの苦労を経験できたら即座にこの問題は解決できるのではないだろうか、と思わずにはいられません。

昨日は週末だというのに、主婦である私は1週間分の買い物と料理で一日まる潰れでした。料理を手抜きにしてもよいのかもしれませんが、週末くらいしかゆっくりと時間をかけて作ることができないので、週末はかなり手をかけています。自分でいうのもおかしな話ですが、これで家族が喜んで食べてくれ、心身ともに満たされるのであれば母である私は嬉しいという事実も否定できません。

それにしても自分の時間がまったくなかったこの週末、できれば家事手伝いの人でも雇いたい気持ちになりました。そんな経済的余裕はないのが厳しい現実ですが。