目指せ!自給自足生活 農的生活のはじまりはじまり

念願叶い、今春から市民農園を借りられる事になりました。私がしたいのは耕さない、無農薬の自然農。自然農は土作りからはじまり、フカフカの豊かな土ができるまで三年は係ると言われています。一方、貸農園の契約は大体一年契約。せっかく土を作っても、また一年したら場所が変わってしまうようでは意味がないなぁと思っていたところ、隣町の貸農園が3年契約してくれるとの事。やった!すぐさま、見学に行って場所を抑えて来ました。広さは50平方メートルを借りられました。自然農の本によると、35平方メートルの広さがあれば、上手く野菜を組み合わせて育てると食物自給率80%との事。これってすごくない?今スーパーに並んでいる野菜は当たり前のように農薬や化学肥料が使われているけど、自分で野菜を作れば、草を刈ってマルチ代わりにしたり、それがのちのち、土の栄養になったり、自然を上手く利用して、体に安心、安全な物を作れるという事。これからの贅沢ってそういう事なんじゃないかなぁ?と思う。そんな訳で、春が待ち遠しい今日この頃です。キレイモ 学割 全身

電子の時代にあえてアナログを使う人がりっちです

日本は、やばいことになっています。とにかく、思うのは、社会を荒らす世代とそうでない世代の繰り返しだと思うのです。
格差が開きましたね。何のっか日下って、働き方の格差です。
そこで、何位が重要かというと、教育なのです。それをするとこうなって、こうなるんだよということがわかっていないのです。もしかして、電子マネーが普及していますが、この電子マネーも、怖いとしか言いようがないです。なぜならば、電子だからです。電子は、必ず、破る人が出てきます。そこが怖いのではないでしょうか。
お金持ちで、硬い人は、現金しか使わないそうです。一番確実ですよね。できませんが、それが、基本ですよ。すべてのカードはいらないのです。
つまりは、カードを持たない人が、一番の金持ちかもしれません。人を信用しないということなのです。はんこで出勤することに、何の面倒もないということなのです。
ここかもしれませんね。電子の時代にあえてアナログを使う人。顔脱毛 し放題

ふるさと納税返礼品で豚肉のロース4.4キログラム

ふるさと納税の返礼品の豚肉が届いたので、早速ぶたのすき焼きにして食べてみました。人気の品のためなのか、入金後2か月経ってやっと届きました。4.4キログラム入って1万円と、とてもお得なものでした。お肉はロース肉で、薄切りですが、ステーキくらいの大きさで、とても食べごたえがあり、美味しいお肉で大満足でした。牛肉のすき焼きはもちろん美味しいですが、美味しい豚肉のすき焼きもなかなかいけるなと思いました。このお肉は、しゃぶしゃぶや生姜焼きにも合いそうなので、今度は他のレシピで作って食べようと思います。冷凍庫がいっぱいになってしまい、他の食材が入らなくなってしまったので、しばらくは、この豚肉を使った料理が続きそうです。今年度の分は、全てふるさと納税の限度額いっぱいまで使ったので、お得感もいっぱいでその意味でも大満足です。最後に頼んだものがコスパ良く美味しかったので良い年の締めくくりになりました。来年度も、ふるさと納税で美味しいものの発掘をしていきたいです。